冨田秀雄の設計日記

家づくりへの想い、考え、そして私的な内容を綴ったブログです。
宮代町進修館 どこからでも出入り自由のオープンなコミュニティーセンター
さて、再び埼玉県宮代町の進修館に戻ります。
このコミュニティーセンターは、そとからの出入り口がたくさんあります。むしろ、町の街路と連続して、通り抜けも自由だし、独立した建物と言うよりか、土地の一部という感じがしました。
円形広場からの下の階、上の階に自由にアプローチできます。その動線もきちんとした入口というのではなくて、洞窟のような複雑さがあり、大自然の有機的な形態がそのまま建築化されたような感じです。




建物は、広場を囲うような配置で、アーチのある回廊となっています。


局面を描いているので、先が見えず、連続感が味わえます。

建物の開口部は面白い形態。大きなガラスの入った窓の下にはコンクリートの跳ねだしたベンチがあります。どこでも好きなところに腰かけて、円形広場を眺めることができる装置。

こちらは、1階の出入り口の一つ

宮代町役場がわのファサード
高い部分は、スロープが入る、明るい廊下
すっかり蔦に覆われて、自然との一体感が伝わる外観


手前には木造の和室が、くっつきます。茶室としても使える平屋の木造建築です。
コンクリートの有機的な建築とのギャップも面白い。

外部開口部廻りのデザイン
| 建築・設計について | 12:36 | comments(0) | -
草間彌生 鬼気迫る芸術 圧倒させる色彩とパワー
六本木で昨日まで開催されていた草間彌生の展覧会を見てきました。
予想通り、その色彩と、パワーに圧倒されました。
80才をとおに過ぎて、今なお描き続けるパワー。病院からアトリエに通い、今も朝から夜遅くまで描き続けておられるようです。
少女時代からニューヨーク渡米、そして再び日本での長い芸術活動を絵画やインスタレーション、3次元作品を通して強烈に感じることができました。直島や、八戸で、草間さんのかぼちゃにはお目にかかりましたが、そのかぼちゃに至るまでの作風の変化も見ることができました。
今だ、自分はまだまだであると宣言し、宇宙のエネルギーを筆を介してキャンパスに表現し続ける作家。いやー勇気を頂きました。






| 建築・設計について | 06:30 | comments(0) | -
埼玉県宮代町 コミュニティーセンター 進修館 象設計集団の力溢れる公共建築
久しぶりに感動した建築。
埼玉県宮代町の進修館を見に行きました。
最近、日本でいろいろな建築を見ても、綺麗で洗練されて、デザインも行き届いており、ディテールも本当に良く考えられているのですが、何かパワーを感じないのです。いまひとつパワーを感じたい。そう思い、今日は象設計集団の建物を見に行こうと思いました。訪ねたのは埼玉県宮代町の公共施設進修館。やはらい、大地の建築でした。1980年の作品。かなり年数も経っていますが、それだけに廻りの自然と一体化して、どれが建物でどれが自然か曖昧になっているベストな状態でした。大ホール、小ホール共に町民に使われ、ラウンジや食堂では若い人もお年寄りも自由に空間を使い、まさに町のリビングのようでした。
設計は象設計集団。吉阪さんの弟子達の渾身の建築。
芝生の広場を円形の建物が囲む配置です。





只者ではない、建築造形が、広い芝生広場を廻るく囲む配置。廃墟、遺跡を連想させる建物です。デザインが分節されているので、全体としてこれだ!という感覚は無く、柱ちゃ廻廊、階段が複雑に入り交じり、集落のようにも見えました。
大地と建物の関係も、ズバッと切るのではなく、自然がなじんでいく感じ。
まったく手を抜いていない、デザインを考え抜かれた建物です。
でも、ゆとりや隙間を感じる、暖かい建物なんです。

| 建築・設計について | 06:16 | comments(0) | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ふるさとあおもり景観賞 民間建築部門最優秀賞にみちのく銀行むつ支店が選ばれました
    snow (04/26)
  • ふるさとあおもり景観賞 民間建築部門最優秀賞にみちのく銀行むつ支店が選ばれました
    ヒゲのヒデちゃん (04/26)
  • ふるさとあおもり景観賞 民間建築部門最優秀賞にみちのく銀行むつ支店が選ばれました
    snow (04/25)
  • ジェフリー・バワ ジェットウイングラグーンホテル(5)ラグーンを見ながらディナー
    tp nakano (09/08)
  • ジェフリー・バワ ベントタビーチホテル(1)石の壁を進む考え抜かれたアプローチ
    tp nakano (06/01)
  • ル・コルビジェ カップマルタンの別荘
    りよう (05/13)
  • レム・コールハ-ス ディー&チャーリーズウイリーセンター
    Tom (09/24)
  • リカルド・レゴレッタ カミノ・レアル・メキシコ(1)
    山田俊彦 (09/14)
  • シーランチ 同じ素材で造られた心地よいコートヤード
    早川正克 (08/18)
  • 秋らしくなりました
    今田晴雄 (07/28)
PROFILE

ページトップへ戻る