冨田秀雄の設計日記

家づくりへの想い、考え、そして私的な内容を綴ったブログです。
長野戸隠神社中社1
長野の戸隠神社の中社です。
大鳥居を抜け、急な階段を登っていきます。





階段を登って迎えてくれるのは三本杉


3本がそれぞれ力強く上へ上へと伸びています。
寄り添うというよりも3本それぞれの個性が互いに刺激あって力強く上を目ざしているようで、なかなか良い感じです。


ここにくると空気が変わるのが肌で感じます。
| 建築・設計について | 00:00 | comments(0) | -
大阪駅大屋根
大阪駅の南北を繋ぐメガストラクチャーの大屋根です。









下を在来線が目まぐるしく動く中での工事技術は、世界に誇る日本の施工技術だからこそできたのです。








人間のスケール・いや建築のスケールをはるかに超えるスケール
大きすぎてよく解りません。

これを機に大阪も随分変わりました。久しぶりに寄り道しましたが、昔の面影がほとんど無く、道を迷うおそまつ。

阪急電鉄の好きだった豪華なアーケードも無くなり、何となくザ大阪の雰囲気があった地下の通路も新しくなり・・・
本当にこれで良いのでしょうか。一見綺麗なビルは増えていますが、それこそ大阪商人の塊だった面白い空間が無くなりなんとなく東京と変わらない感じに・・・何でこうも建築文化に乏しいのでしょうか。私はこんな大阪に魅力は感じませんがね。
| 建築・設計について | 20:22 | comments(0) | -
笑点
生で聞くお笑い演芸の世界も楽しいものです。
TVで長年放送されている笑点の公開録画に子供が抽選で当たったため、後楽園の青いビルにある後楽園ホールに行きました。
いまでも人気のある番組だけに非常に多くの方が見に来れれていて、1時間前には長蛇の列。それでも何とか座れまして芸人さんの漫才とおなじみの落語家によるお笑いを堪能しました。








やはり生は、その迫力、観客席との一体感が味わえて楽しいものです。
| 建築・設計について | 22:04 | comments(0) | -
精進料理
善光寺の帰り、精進料理を頂きました。


肉関係は全くないのですが、どれも多くの手間がかかっており、とても美味しく腹一杯頂きました。




まだまだ日本瓦の重なり合う美しさは健在です。
| 建築・設計について | 20:06 | comments(0) | -
精進料理
善光寺の帰り、精進料理を頂きました。
| 建築・設計について | 20:05 | comments(0) | -
長野善光寺2
仁王門をこえると、中門が迎えてくれます。




更にその奥に本道がそびえます。
容積では、日本にある木造の中で一番大きいものだそうです。






木の経年変化を超えた色が大好きなのです。
大迫力。
同じ大きさでもコンクリートや鉄骨には無い生きた力を感じるからでしょう。
| 建築・設計について | 21:26 | comments(0) | -
長野善光寺
長野のプラスエナジーハウスの研修に行った際、善光寺に立寄りました。
まず、仁王門に至る入口部分には、昔の藤屋ホテル、今は御本陣藤屋というカフェ・レストラン・式場となっている建物があります。


内部は、昔の素材仕上げを上手く生かしながら素敵な空間を創り出しています。


その隣が七味唐辛子で有名な八幡屋磯五郎大門店
街並みに配慮したシンプルな外観


これが仁王門



仁王様が両側におられ、東を向く仁王様は、一歩足を前に前進を表現。西を向く仁王様は、足の親指をあげ終焉を表すとか。


仁王門を超えると仲町通りがありその奥に山門(三門)が見えます。

ひとつひとつの門が結界を表し、奥に行くに従って心も高ぶっていくような感じを受けます。
| 建築・設計について | 14:26 | comments(0) | -
銀座ヤハマホールの階段室
銀座ヤマハホールの外壁に関しては以前ブログに書きましたが、その内部でなかなかというところを見ましたのでお伝えします。

それは、ホールへと昇る階段室のデザイン。
設計者の力が入っています。





ホールへと向かう、またはコンサートを終えて下る階段ですから、コンサートの感動と期待をここで高め、そして余韻に浸るのでしょう。
鉄骨手摺も美しくカラースキームも落着いていてなかなか良くできています。
| 建築・設計について | 20:18 | comments(1) | -
丸の内界隈
久しぶりに丸の内界隈を夜歩きました。

街に彫刻もあり、お店も働く大人のためのお店が多く、とても落着きのある街になっています。




三菱村のオフィス街にもポケットパークができ、小さいながらも日本的なきめ細かいデザインがされているなと感じます。




街路に面したオープンなお店もそれなりに落着くデザインがなされ、ほっとします。
がちゃがちゃした東南アジア的ネオンもなく、とてもシンプルで良い感じ。こんな街がもう少しあちらこちらにあれば良いのですが。


サインの重要性を感じる丸の内界隈です。
| 建築・設計について | 17:02 | comments(0) | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2011 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • インスピレーションとオリジナル
    ヒゲのなくなったヒデちゃん (06/03)
  • インスピレーションとオリジナル
    snow (06/02)
  • ふるさとあおもり景観賞 民間建築部門最優秀賞にみちのく銀行むつ支店が選ばれました
    snow (04/26)
  • ふるさとあおもり景観賞 民間建築部門最優秀賞にみちのく銀行むつ支店が選ばれました
    ヒゲのヒデちゃん (04/26)
  • ふるさとあおもり景観賞 民間建築部門最優秀賞にみちのく銀行むつ支店が選ばれました
    snow (04/25)
  • ジェフリー・バワ ジェットウイングラグーンホテル(5)ラグーンを見ながらディナー
    tp nakano (09/08)
  • ジェフリー・バワ ベントタビーチホテル(1)石の壁を進む考え抜かれたアプローチ
    tp nakano (06/01)
  • ル・コルビジェ カップマルタンの別荘
    りよう (05/13)
  • レム・コールハ-ス ディー&チャーリーズウイリーセンター
    Tom (09/24)
  • リカルド・レゴレッタ カミノ・レアル・メキシコ(1)
    山田俊彦 (09/14)
PROFILE

ページトップへ戻る