冨田秀雄の設計日記

家づくりへの想い、考え、そして私的な内容を綴ったブログです。
ディオール表参道
表参道は今や建築家の設計した建物が多く並びますが、このディオールもそのひとつ。妹島和世・西沢立衛のSANNA設計。

シンプルそのものの建築でありながら外壁は、シルクのドレープのような美しさがあります。
ディオールの社名にふさわしいコンセプトのある建物ではないでしょうか。

その隣は、オランダ建築事務所MVRDV設計のジャイル。

各層がずれながら積層しているデザイン。
こちらは、力強く迫ってくる感じがします。

こんな対比が見られるのも面白いのであります。さて、あなたはどちらがお好き?


| 建築・設計について | 15:10 | comments(0) | -
プラダ表参道
表参道にこの建物が登場してしばらく経ちますが、その形態と美しさは、相変わらず存在感抜群です。冬の透き通る空気の中で更に美しくガラスが光を反射していました。

設計は、北京オリンピックスタジアム鳥かごを設計したスイス人建築家のヘルツォーク&ド・ムーロンの2人組

彼らのこだわりの強さを見事に表現しています。
それにしても日本の施工技術は素晴らしく、完成した建物を見た設計者は、美しすぎると言ったそうです。ちょっとやりすぎなのかもしれません。




ガラスとガラスのジョイントが命の建物ですが、表面を見ただけではわからない優れたディテールです。


ガラスは、曲面ガラスで勿論特注。


| 建築・設計について | 01:18 | comments(0) | -
井の頭公園
久しぶりに井の頭公園を散歩しました。
この時期、寒いのですが肌に当たる空気が気持ちよく、身の引き締まる感じが好きです。井の頭公園を愛犬マロンを連れて散歩しました。やはり気持ちのよさは、マロンも良く解るみたいでいつもとは違うはしゃぎようです。


井の頭線が公園を突っ切って走っているところがあり、静の中の動が見れてなかなか面白い場所なのです。






| 建築・設計について | 12:06 | comments(0) | -
表参道ヒルズ
表参道ヒルズのクリスマスツリーです。

敷地に限りがあるので、ここまでが限界のオープンスペースです。
でもこの狭い敷地にこれだけの中庭スペースと、地下まで続くスロープの流れを作ったものです。日本の施工技術の高さを見せてもらえます。


このヒルズに関しましては、以前の同潤会がはるかに良かったのですが、経済主義の日本で、不動産屋から建替え提案を要求される状況になった際、どのような案が浮かぶでしょうか。
外のけやき並木に建物高さを合わせ、大きなボリュームを地下にもぐらせた力量は、さすが安藤さんですが。





このヒルズ、内部が傾斜路になっているのが最大の売りですが、その斜路に沿って展開している店の床は水平です。この斜路と水平の店の出入口部分の納まりが設計者を悩ますところではないでしょうか。その部分に注意して歩いていますと各お店は、それぞれ苦労した納め方をしています。参考になります。
| 建築・設計について | 23:21 | comments(0) | -
上棟
新しい住宅の上棟がありました。
敷地が旗竿敷地で、レッカー等の重機が使えないため、大工さんが手で柱、梁を持ち上げて組み立てていきます。
基礎は、平面2次元の世界ですが、柱が建つとここからは3次元の世界。
土地と基礎を見ていると小さく感じるものですが、立体的になってくると空間が読み取れて気持ちがワクワクしてきます。
模型や図面では絶対感じ得ない、立体としての建築は、やはり面白いのです。


空に向かって建つ通し柱。
思わず、柱を撫でて「頼むぞ」とつぶやいてしまう私です。
| 建築・設計について | 15:38 | comments(0) | -
2K540
JR秋葉原駅とJR御徒町駅の間の高架線下にできた職人工房とショップが一緒になった2K540に行ってきました。



鉄道高架下の有効利用は、以前から色々ありますが、この職人街区は歩いていて面白いのであります。
昔神戸に住んでいたとき三宮の高架下の建ち並ぶショップでたのしくショッピングをしたのを今思い出しました。あの時は、雑然としたトルコのマーケットのようで子供なりに面白さとちょっとしたスリル感を味わいましたが、この2K540は、白く塗られたコンクリートの柱が連立(高架下だから当たり前ですが・・・)し、その真ん中が通路で、両サイドにお洒落なショップが並ぶというもの。コンクリートも白く塗られるだけで、こうも健康的に見えるのです。




それぞれのショックが工房を抱えていてここで基本的には作り、ショップで売っています。この施設も名前が売れ出し、おおくのビジターのお陰で、ショップによってはかなり夜遅くまで職人さんが製造に追われているとのことでした。


コンピューターとは真逆の手仕事によるローテク仕事ですが、これがまた良いのが並んでおるのです。



願わくば、もっとこの店が長く繫がっていってほしいものです。
| 建築・設計について | 23:39 | comments(2) | -
湖の光
山中湖の朝日です。


水の持つ魅力にはいつも心が動かされます。
静かな海も良いのですが、風で湖面がそよぐ湖も格別です。


朝の光は、心をおだやかにしてくれますし、澄んだ空気を感じさせてくれます。





富士山も姿を見せてくれました。
ありがとうございます!とつい拝みました。
| 建築・設計について | 10:59 | comments(0) | -
江古田ユニバース
昨日より開催され、12月18日まで楽しめるアートのお祭り
江古田において開かれていまして、私が設計した古藤ギャラリーもアートが一杯溢れていました。
3つの大学がある江古田駅のいくつかのギャラリー・カフェ・飲み屋さんが作品を展示し、街全体を盛り上げようというアートイベントです。
若い芸術家がその作品を発表する場がなかなか無い中で、今回のような街を挙げてのイベントは、街にパワーを生み出すことになるでしょう。
1歩1歩ですが、アートが街に溶け込んでいってほしいと思います。




オーナーの車も包帯で巻かれ、優しい感じのアートに変身




歯間ブラシも桐の箱に標本のように展示すると、又違ったものに見えてくるから面白い。
こんなに歯間ブラシにも種類があったのかと驚かされたりしました。




| 建築・設計について | 19:48 | comments(0) | -
皆既月食
見ました。皆既月食。
ここまで見事に見たのは初めてです。
家のベランダからもはっきり見えました。月の美しさもさることながら星が沢山見えたのにも感激しました。
地球の影が月にかかる。・・・なんと雄大なことでしょうか。












ちっぽけな事にこだわらず又、心がそのような小さい事に引っ張られないようにしたいものですな。大きな心でもって日々過ごしたいものです。


| 建築・設計について | 23:28 | comments(0) | -
ライトアップ山中湖
山中湖花の都公園のライトアップ
寒い中を光のトンネルをくぐり、見に行かれてはいかが。



ここだけが別世界なのであります。




暗い景色の中で浮かび上がる照明も又ロマンチックであります。
| 建築・設計について | 19:01 | comments(0) | -
表参道ライトアップ
先週末から始まりました表参道のライトアップ。丁度5時に歩いていますと、いきなり点灯しました。その美しさに感動。ライトは、全てLEDになっています。以前に比べてランプの量が多いように思えました。
久しぶりでしたが、やはり迫力があります。








クリスマスまではまだ時間がありますので、一度足を運ばれたらいかがでしょうか。
| 建築・設計について | 21:22 | comments(0) | -
ヴァレリオ・オルジャッティ展
竹橋の近代美術館で開催中のヴァレリオ・オルジャッティ展を見てきました。スイスの建築家で今注目している人の一人です。1/33のスケールの模型、建物の映像、その建物を発想した元となる素形の展示でしたが、頭の中でいろいろ想像でき、建築を認識できる面白い展示でした。
ただ模型と図面が並ぶいままでの展示とはちょっと違い、解りやすくこちらがいろいろ想いを巡らす事ができる展示でした。



静かで、重厚感があり、奇をてらうものでは決して無い建築の本道を貫く建築とでも言うのでしょうか。流動性や軽快感が流行る時代にあって、近代建築を少しひねり微妙な感覚で訪れる人を引き込むような建築。
・・・とても魅かれます。・・・
| 建築・設計について | 18:45 | comments(0) | -
なぎさ橋珈琲
逗子のなぎさ橋のたもとにある珈琲館。以前は逗子デニーズでした。



この場所は、とにかく海が近いのと逗子海岸が綺麗に見渡せるので最高のロケーションなのです。
外のカフェで潮の香りを嗅ぎながら暑い珈琲を頂くのも良し、また室内からも充分にその景色を堪能できます。

| 建築・設計について | 19:23 | comments(0) | -
神田界隈3
JR神田駅近くの居酒屋新八
こちらも店の雰囲気はグッドです。





ここは、いろいろな日本酒を美味しい摘みと共に頂けます。
中の雰囲気も日本的で良く、お酒が進みます。

どうも飲んでばかりのようですが、この神田界隈なかなか楽しいところが満載で、やみつきになりそうです。
| 建築・設計について | 22:44 | comments(0) | -
神田界隈2
あんこう鍋と言えばいせ源です。

玄関を入り、土間で靴を脱いで2階に上がり、畳の部屋で頂くあんこう鍋は、この季節最高なのであります。秘伝のだしは、見た目は濃いのですがこれがあんこうと絶妙な取り合わせで、丁度良い感じでいただけるのです。お酒が進むこと請け合い。
コラーゲンたっぷりのプリプリした身を口に運びながら伝統ある建物を見てゆっくり過ごす。最高の贅沢ですな。




| 建築・設計について | 10:30 | comments(0) | -
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2011 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • インスピレーションとオリジナル
    ヒゲのなくなったヒデちゃん (06/03)
  • インスピレーションとオリジナル
    snow (06/02)
  • ふるさとあおもり景観賞 民間建築部門最優秀賞にみちのく銀行むつ支店が選ばれました
    snow (04/26)
  • ふるさとあおもり景観賞 民間建築部門最優秀賞にみちのく銀行むつ支店が選ばれました
    ヒゲのヒデちゃん (04/26)
  • ふるさとあおもり景観賞 民間建築部門最優秀賞にみちのく銀行むつ支店が選ばれました
    snow (04/25)
  • ジェフリー・バワ ジェットウイングラグーンホテル(5)ラグーンを見ながらディナー
    tp nakano (09/08)
  • ジェフリー・バワ ベントタビーチホテル(1)石の壁を進む考え抜かれたアプローチ
    tp nakano (06/01)
  • ル・コルビジェ カップマルタンの別荘
    りよう (05/13)
  • レム・コールハ-ス ディー&チャーリーズウイリーセンター
    Tom (09/24)
  • リカルド・レゴレッタ カミノ・レアル・メキシコ(1)
    山田俊彦 (09/14)
PROFILE

ページトップへ戻る